2台目のロードバイクは専門店で購入。量販店から変えた理由。

ついに先日2台目のロードバイクを購入しました。納車は10月予定とまだまだ先なんですけどね。

 

それはさておき、今回、購入するにあたって絶対条件がありました。

それは、「近場のロードバイク(自転車)専門店で購入する」です。

 

はじめて購入したロードバイクは、いわゆる量販店です。確かに安く購入が出来ましたが、初心者の私にとっては何が何だかわからいまま購入しました。

当時は気付かなかったんですど、全然体にフィットしていなかったんですね。

 

また、家から遠い商業施設内の量販店だったので、不具合があってもすぐに見てもらえなかったり不便さを感じていました。

 

確かに、量販店や海外通販の激安ロードバイクは魅力的なんですけど。

 

これからロードバイクを購入する方の参考になればと思います。

量販店は金額が安いので初心者が手を出しやすい

ロードバイクに興味が無い人か見たら、入門者向けののエントリーバイクですら10~15万円もします。

「高っ!!」

て思うのが普通の思考回路。

なので、少しでも安く買いたいと思うのは当たり前です。

 

量販店では、型落ちや不良在庫品のバイクは、20%時には30%オフで売られている事もあるので、少しでも安く買いたい初心者にとっては、うれしい価格ですよね。

 

何より、

「続くかわからい趣味に大金を出す」

これが本当に迷いを生みます。

実際に、私のまわりでも続かない人はかなりいます。40万円もするロードを買って、数回しか乗っていない人もいます。買う時やる気があっても、仕事や家庭の事情で続けられない事だってありますからね。

 

そう考えると量販店で、少しでも安いエントリーバイクを購入するのは、間違いではありません。私も全く同じ考えで量販店で購入しています。

 

しかし、自転車にどっぷりハマったら考え方が変わってしまったんですよね。

 

「サイズに合っていないロードバイクに乗っているのでは?」

 

その不安がつきまとっていました。

 

体に合ったロードバイクが購入できる専門店

ロードバイクにはフレームサイズがあり、適性の身長が決まっています。メーカによってフレームサイズ表記と適応身長が異なるので、メーカーサイトを確認して下さい。

 

ちなみに今回購入したトレック「Émonda SL 5 Disc」は、フレームサイズが47~60まであり、身長160㎝の私にとって、適合するメーカ表記サイズは、47もしくは50に相当します。ある程度のサイズ判断は可能です。

 

量販店と専門店ではサイズ選びに大きな違いがありました。

量販店では、ずらっとバイクが並んでいて、お気に入りのロードバイクを見つけ、メーカー表記サイズに適合しているバイクにまたがり、その場で調整を行い終了でした。

 

専門店では、バイクにまたがる前にフィットシステムで、体に合ったフレームサイズ選びからはじまります。

身長、体重、肩幅など計測し、フィットシステムにまたがり、サドルの高さやハンドルの位置などを細かく調整していきます。

調整したポジションは今までと全く違います。違和感を感じるほどです。やはり合っていませんでした。

 

ここで、測ったデータを基にバイクを調整して、実際に完成したバイクにまたがって再度微調整するので、世界に1台だけの自分に合ったバイクが完成するわけです。

 

私が購入したタキサイクルさんでは、購入時フィッティングを無料で受ける事ができ、さらに購入後のライトフィッティングも無料で行えます。なんと10,800円が無料。

 

量販店と専門店では、同じ完成車でも大きな差がありました。

 

「少しでも安いバイクを買うのか」それとも、「定価でも自分の体にフィットしたバイクを買うのか」もしも、2年前にタイムトラベル出来るなら、私は後者を選びます。

海外通販やネット購入

最もロードバイクを安く購入できるのは、ネットでの購入です。

WiggleやChain Reaction Cycles等の海外通販サイトでは、型落ちバイクが激安で購入できるので、初心者は何度も見ちゃいますよね。

 

また、楽天やヤフーショッピングでも安く購入する事が可能です。

 

安いに越したことはないですが、フィッティングの事や定期点検、メンテナンスを考えたら価格で選んで後悔する可能性もあります。

専門店からすれば、自分の店で購入していないロードバイクを点検するのは嫌ですからね。受け入れてくれる店が近所になかったりしたら超面倒ですよね。また、通常無料の定期点検も他店購入だとお金がかかります。

 

もちろん自分で直したり、いじったりするのが好きな人はそれでもいいでしょう。

 

ロードバイクに乗る事が目的なのであれば、やはり専門店での購入がベストだと思います。

最後に

「続くか続かないか問題」があるので、専門店と量販店の選択は非常に難しいです。

 

なので、飽きっぽい性格だったり、忙しくてたまにしか乗れないなんて方は、まずは量販店で型落ちバイクもしくは、中古でもいいかもしれません。

 

そして、どっぷりハマったら2台目は、専門店で自分の理想のロードバイクを買うのがいいんじゃないでしょうか?

 

「俺はロードバイクで生きるんだ!!」

そんな気合いの入った方なら絶対最初から専門店で購入する事を強くお勧めします。