スマートローラー「TACX NEO 2T」が壊れた。【対処方法・無償交換】

いつも通りZwiftのワークアウトをしていると全く負荷がかからなくなりました。

ワット数が出ていたなったタイミングだったのでよかった。踏み込んいたら膝を痛めたかもしれません。いきなりスコーンと抜けた感じ。

1つ前のモデル「Tacx neo2」だと坂道で同じような症状が出たらしい。

 

見た目は特に問題なかったので、電源を落とし再接続。しかし、今度は異音が・・・。

「ブォーン」とパソコンのファンが回っているような大きな音。よくみると電源ランプも点いていない。

 

熱を持ったため一時的に使用できないのかと思いましたが、翌日も症状は同じ。完全にだめぽ。

 

ネットで調べてみると同じような症状がチラホラ。「TACX NEO 2T」の不良として普通にあるぽいです。

 

結果から言いてしまうと、無事治って帰ってきました。正確には新品になって戻ってきました。

なので、同じような症状がで方のために解説します。

 

スマートローラー「TACX NEO 2T」が壊れた。【対処方法・無償交換】

 

故障した際の一連の流れは以下の通りです。

 

  • その1・・・保証期間の確認
  • その2・・・販売店へ確認
  • その3・・・GARMIN(ガーミン)への問い合わせ
  • その4・・・Tacxチェックリスト 症状の確認アプリ(Tacx utility)※今回の症状では必要なし
  • その5・・・修理依頼をメールしたらガーミンからの返信を待つ
  • その6・・・スプロケットを外し、梱包して送る
  • その7・・・いつ戻ってくる?

 

Tacxスマートローラーの修理に関してネット上であまり情報が無いので不安ですよね。ですがそれほど難しくはありませんので安心してください。分かりやすく説明しますね。

 

その1 保証期間の確認

TACXの室内トレーナーの補償期間は2年間です。購入した販売店の領収書や納品書・購入履歴を用意し置きましょう。残っていない場合でも型番から調べる事が可能らしいのですが念のため。

 

修理の際「保証書を同封してください」と言う項目があるのですが?

TACXの室内トレーナー製品には保証書が付いていません。(私が購入した2020年時点)なので、保証書を探しても見つかりませんよ。私は箪笥をひっくり返し探しまくりました。だって販売店の方が商品内に入っているって言ってたからさ。嘘つき・・・。

 

その2 販売店へ確認

販売店によって修理対応は様々です。家電量販店などのアフターケアがしっかりしている場合は、一連の手続きを行ってくれる場合があります。

 

アマゾン・楽天・ヤフー等、ネット購入の場合は手続きを自分で行う可能性があります。

 

いずれにせよまずは販売店に問い合わせをして下さい。

 

※海外通販で購入した場合も同じですがメールでの問い合わせとなり商品の海外発送も自分で行う必要があります。海外の場合は返金対応が多いそうです。

 

その3 GARMIN(ガーミン)への問い合わせ

「TACX NEO 2T」のサポートは2019年よりガーミン行っています。

 

販売店に「ガーミンに直接連絡してください」と言われたら「ガーミンの修理・点検」にてオンライン修理受付を行う必要があります。

 

※電話で問い合わせても結局このフォーム入力が必要になるので時間の無駄です。私は電話で20分ほど相談しましたが意味無しなので。

 

後は、修理・点検の流れに従って登録していきます。

 

その4 Tacxチェックリスト 症状の確認アプリ(Tacx utility)※今回の症状では必要ない

TACX製スマートローラーの状態を調べる事ができるアプリ「Tacx utility」を使うと不具合箇所が分かったりします。しかし、今回の症状ではWiFiやBluetoothも繋がらないので、症状の確認が出来ないので必要ありません。

なので、「電源ランプが点かず、Tacx utilityにも繋がらない」と修理依頼の際に明記しておきましょう。

 

今後のためにもアプリのダウンロードだけはしておくといいかも。

 

その5 修理依頼をメールしたらガーミンからの返信を待つ

修理依頼は予約の様な感じになるので、修理・点検品の発送はガーミンから返信があってから行います。基本的には土日を除く5営業日以内に返信が来るそうです。

 

しかし、待てど暮らせど。結局10日も返信が来なかったので直接電話で問い合わせしたら、その日のうちに返信メールが来ました。

 

その6 スプロケットを外し、梱包して送る

修理に不要なパーツを送ってしまい行方不明になっても補償されません。

後付けのスプロケットは外して、元の状態に戻す必要があります。その他の付属品も送らなくて大丈夫です。

 

以下の物を同封して着払いにて送ります。

 

  • 修理・点検製品
  • 修理・点検依頼メールの写し
  • 自動返信時に添付しているpdf
  • 購入履歴や納品書等の証明できるもの

 

元箱があると梱包が楽でした。緩衝材も入っているし。

 

その7 いつ戻ってくる?

2週間ほどで戻って気ましたが、コロナの影響で1ヶ月以上かかる場合もあるそうです。大会前などで調整している方はちょっとショックですね。

今回の症状は、保証期間内であれば「初期不良」だと思うので本体交換で戻ってくると思います。20万近くもしますからね。

 

まとめ

「TACX NEO 2T」が保証期間内に壊れた時の一連の流れをもう一度。

 

  1. 保証期間の確認
  2. 販売店へ確認
  3. GARMIN(ガーミン)への問い合わせ
  4. Tacxチェックリスト 症状の確認アプリ(Tacx utility)※今回の症状では必要なし
  5. 修理依頼をメールしたらガーミンからの返信を待つ
  6. スプロケットを外し、梱包して送る

 

 

TACX製スマートローラーに関しては日本語サポートが無いので不安になりますよね。修理・点検ガーミンが対応しているので安心できますが・・・。

 

正直、Tacxアプリとかも日本語版が無いので使えないし。改善されることに期待したいです。