【勝浦式タンタンメン】千葉ポタリングの定番【ラーメン旅】

週末ロングライド、約170kmの旅に行ってきました。

大好き、ポタリングライドです。

 

旅の目的

・勝浦タンタンメンを食べる

・サーフィンオリンピック会場

 

メインは、B級グルメ千葉県代表格の勝浦タンタンメンです。一時期めちゃハマりましたが久しぶりに食べました。夏に辛いのっていいですね。

 

なお、九十九里海岸線を走りたかったので、オリンピック会場はおまけ的な感じです。

 

【勝浦式タンタンメン】千葉ポタリングの定番【ラーメン旅】

 

勝浦は千葉県の南東部に位置します。

九十九里浜や御宿海岸などの海水浴のメッカが近くにあります。

 

千葉県の真ん中あたり、山の中を通って南下し勝浦を目指しました。

 

 

千葉は、大きな山はありませんが、中央を抜けるルートは起伏があるので獲得標高は意外と高いです。

そんな、ルートを抜け「元祖勝浦式タンタンメン発祥のお店」を目指しました。

 

勝浦タンタンメンは、千葉県の三大ラーメンです。

 

・勝浦タンタンメン
・竹岡式ラーメン
・アリランラーメン

 

三つとも個性的なラーメンです。「The千葉」って感じで、僕は今どきのラーメンよりも「ヤミツキになる度」は高いと思います。

 

「勝タン」の特徴

・ラー油
・挽肉
・玉葱

 

上記の三つで完成された味です。辛みの中にうまみと玉ねぎの甘味があります。

 

おうちで作る

生めんの勝浦タンタンメンがおすすめです。ざく切りした玉ねぎとひき肉をたっぷり加えて、辛みが足りない時は、ラー油と白髪ねぎを加えれば、完璧です。

created by Rinker
久保田麺業
¥864(2021/09/24 09:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

【江ざわ】勝浦式タンタンメン発祥のお店

発祥のお店とさせる「江ざわ」を目指しました。

食べログでも評価が高く、人気店です。

 

はじめて食べるならここで間違いなしです。

 

以前食べた時は行列でかなり待ったので、早めに行きました。

しかし、早めどころか、オープン11時30分の2時間も前に到着してしまいました。

 

残念ながら今回はスルーで別の店舗を目指しました。

 

【御食事処 いしい】朝7時オープンの漁師飯

 

「さすがは漁師町」と言った感じで「朝ラー」のできるお店です。

店には、芸能人のサインや写真が飾られています。

 

早く着きすぎてしまったので選択肢がなかったのですが、正解。「シンプルイズベスト」勝浦式ですね。アレンジ系は、正直あまり好きではありません。

 

 

辛さを選ぶ事ができますが、はじめてのお店だったので通常よりも辛くないのを選択。でも「追いラー油」が出来るので、辛さは後から調整できます。

 

くどい辛さではないので、スープまで飲み干せます。やっぱ、うまいです。

 

11時には、ぞろぞろ並びはじめたので撤退。大きなお店ではないので「昼時は並ぶんだろうな」と思いました。

 

勝浦港~御宿・九十九里浜海岸線ルート

 

お腹いっぱいすぎて、動けません。近くの勝浦港で一服。

帰りは、海岸線をのんびり走ります。

 

勝浦から御宿の間は、昔ながらの漁師町と言った感じです。プライベートビーチ的なところもあり駐車場があれば、穴場になりそうです。

 

御宿海岸はコロナの影響で閑散としていました。25年前くらいは、よく行ったんですけどね。当時の人混みから考えると驚きの光景でした。

 

北上すると次は、九十九里海岸を通るルートです。

 

東京オリンピックサーフィン会場へ

 

サーフィンは、一宮町釣ヶ崎海岸の特設会場で行われました。

 

オリンピック2020の旗が並びすぐに分かりましたが、関係者以外立ち入り禁止でした。サクッと通り過ぎて海岸沿いをゆったり走りました。

 

海を見るとこの日の波はとても穏やかでした。こんな日に、大会だったら選手も嫌ですね。波があったので、見る方はめちゃ面白かったですからね。

それにしてもすごかった。五十嵐カノア選手、都筑有夢路、おめでとうございます!

 

このルートは、異国感があって好きです。サーフショップやおしゃれなカフェなどが立ち並んでいます。

 

東金九十九里有料道路【カッ飛びゾーン

九十九里から東金方面へは、有料道路を使います。

自転車は20円で利用できます。

 

東金まで約15kmですが、道路がわりと広くAve.40km以上で気持ちよく走れます。車も少ないので安全。

ペースを上げて、グイグイ進みました。

 

 

こんなところで、今回のロングライドは終了です。

 

夏の日差しはきついですね。日焼けが痛い。

 

平均速度40km以上で、6時間以上走った東京オリンピックのロードレース出場選手は、やっぱ化け物ですね。

 

勝浦式タンタンメン【ラーメン旅】

  • 距離・・・173.19 km
  • 獲得標高・・・1,035
  • 時間・・・6時間43分
スポンサードリンク