世界最小自転車スタンド「CLUG」って大丈夫?取り付けてみた

ロードバイクってどこに置いてますか?

理想を言えばリビングにガッツり飾りたいのですが、そんな大切な愛車も他人から見ればただの自転車。

そんなわけで、狭い隠れ家に置き場を作る事にしました。

 

むむ。

しかし、部屋に置くとデカすぎる。

普通に置いたら邪魔すぎる。

かといって、壁の上に取り付けるのもめんどくさいし・・・。

ほどよいラックは無いものかと探したら・・・

ありました!!

 

世界最小自転車スタンド「CLUG」。マシュマロの大きいサイズと同じ位です。

値段もお手ごろだし、シンプルでおしゃれ。

あまりの小ささにちょっと不安でしたが、使ってみたらこれ超おすすめです。

ロードバイク用(タイヤ幅23~32mm)のSサイズを購入しました。

取り付けが簡単

本体を壁にネジネジして、カバーを取り付けるだけです。簡単です。

隠れ家は、石膏ボードなので、下地に石膏ボード用のアンカーを取り付けてからネジネジしました。

「CLUG」専用のアンカーも売っていますが、ホームセンターに売っている物でも問題ありません。

取り付けたら、溝にグイっとタイヤをはめ込むだけです。

こんな感じ。

「これだけで倒れないの???」

不安になります。

リアタイヤの接地面と「CLUG」だけで支えています。

バイクに触ればグラつきますが、意外と安定していて倒れません。

タイヤを押し込むだけなので脱着は簡単だし、スペースも有効に使えました。

 

リアタイヤの接地面部分がずれていると倒れる

慣れてくきて、適当に差し込んだら、翌日スタンドから外れていました。

スタンドにかけるときは毎回、垂直に立っているか確認しましょう。

幸い、脚立が置いてあったのでダメージはなかったのですが、もろに床にいってたら傷ついていたかも・・・。よかった・・。

ついでにDIY

棚やヘルメット掛も作ってみました。

まだ未完成ですが、カフェみたいに作ってみたです。

ロードバイクって、飾っても楽しめるんですよねー。

ステキです。

 

そんなわけで、シンプルでおしゃれなバイクスタンドを探している方は是非!!